好きな仕事でお客様に感動を。教材編集の仕事。

好きな仕事でお客様に感動を。教材編集の仕事。

A.N.さん (31歳) 株式会社ベネッセコーポレーション

秋田県立能代高等学校、津田塾大学学芸学部英文学科卒業。在学中に一年間の海外留学を経て、日本放送協会に入社。現在は転職し、株式会社ベネッセコーポレーション高校生商品開発部英語課で英語教材の編集などを行っている。


諦めた夢が人との出会いを繋ぐ懸け橋に。

私は幼い頃からバスケットボール選手になりたいと思っていました。父親が高校のバスケットボール部の監督だったことと、近所に日本一の強豪校があったことがきっかけです。周囲の環境からも刺激を受けて、ひたすら練習に打ち込んでいましたね。

しかし、中学生になってから、自分には才能がないこと、才能を努力でカバーしようという根気がないことに気が付きました。そして結局、バスケットボール選手になる夢を諦めてしまいました。

ずっと打ち込んで目指していたもの、「夢」が無くなった喪失感はものすごかったですね。バスケットボール部が無い高校を、あえて選んで進学したくらいです。高校でもしばらくは何も手につかず、毎日ゲームばかりして過ごしていましたね。

ところが、そんな時、転機が訪れました。それは、「バスケットボール部がない高校に同好会を作ろう」という友人です。当時の私にとっては、「器(部活)」がないなら自分で作ればいい、という発想はとても新鮮でした。予算も練習場所もない中でゼロから同好会を創り上げたことは、今でもよい思い出です。結局、バスケットボールを職業にすることは出来ませんでしたが、大切な友人たちと出会うためのものだったのだと感じています。また、好きなことはとことん諦めずにやってみる!ということをその友人たちから教えてもらいましたね。そしてこの経験が、今の「好きなことを大切にする」という生き方の軸に繋がっています。

「自分が一番好きなことは何か」を探した学生生活。

私の家では海外旅行に行くことが多かったせいか、幼い頃から漠然と英語に興味を抱いていました。また、国語と英語の訳し方の違いに面白さを感じることも多く、気付いた時には英語が好きになっていました。授業中、眠いときには、よく洋楽の歌詞を自分なりに和訳して遊んでいましたね。テンションが上がって、目が覚めますよ!

大学は英文科に進学し、在学中はホテリアーや映画館スタッフ、ライブスタッフなど、自分がやってみたいと思うアルバイトを沢山経験しました。また、英語をもっと勉強するためにイギリスへ留学もしました。

そうした経験から、自分が一生続けたい仕事は何か?という軸が分かってきました。一つ目は英語を使った仕事、二つ目はイベントやコンサートを扱う仕事、三つ目は日本から海外に何かを発信する仕事です。そして、その3つの軸をもとに就職先を選んだ時、自然と浮かんできたのが放送業界(テレビ局)でした。

大学卒業後、テレビ局で働き始めた私は、主にイベントの仕事を担当していました。番組と連動したイベントの会場押さえや調整、企画立案から発券準備まで幅広い業務に携わっていましたね。しかし、社会人3年目が終わろうとしていたとき、もっと英語を使った仕事がしたい、と思うようになりました。イベントの仕事も大好きだったので悩みましたが、やはり20代のうちに英語に関わる仕事がしたいと思い、転職することに決めました。

英語とイベント、部署の垣根を超えた仕事のやりがい。

現在は、『進研ゼミ』という教材を制作する部署で、高校生用の英語の教材編集に携わっています。執筆者や編集プロダクション、デザイナーなど多くの人たちと連携して、高校1~3年生、それぞれの学習目的に合わせた英語教材を作っています。

その他にも、高校生向けの勉強会やイベントにも取り組んでいて、英語に関わりながらイベントの仕事にも触れられるので、とても充実した日々を送っていますね。

熱意を持って取り組んだことが「お客様の感動を生む」。

英語は「ことば」。それを教える仕事は、今を生きている人と向かい合うことだと感じています。これはイベントやライブの仕事でも一緒でした。

様々な高校生に向けた教材を作るのは難しさもありますが、何ヶ月もかけて作った教材が高校生に届き、「進研ゼミのおかげで授業がわかった」「教材の内容が試験に出て解けた」という声を聞いたときは、本当に嬉しいですね。

また、勉強を直接教えるイベントで、英語や進路に関するアドバイスをして「道が拓けた」と言って頂いたときもこの仕事をしていて良かった!と思います。

編集の仕事もイベントの仕事も、真剣に向き合ったことが形になり、お客様に感動を届けられたときにとてもやりがいを感じますね。

好きなことを仕事にする苦しさ。

私は「好きなことを仕事にする」というモットーで働いていますが、もちろん辛いこともあります。「伝えたいポイントが教材に盛り込めていないのではないか」と、自分の勉強不足を痛感して自信を無くしたり、面白いと思った仕事が上手く実現出来なかったこともあります。好きなことを仕事にしたのは自分なのに、どうしてこんなに辛いんだろう・・・と弱気にもなります。

しかし、だからこそ「自分がどれくらい納得してその仕事に取り組めるか」が大切だと感じています。これは編集もイベントの仕事も一緒で、色々な物事を調整していく作業が多いからかもしれません。出来ないことがある中でも、投げやりにせず、一番目指すべきところを見つけて達成するようにしていますね。

変わらない軸を持ってチャレンジしていきたい。

これからも「英語を使った仕事」「人を感動させる仕事」を軸に仕事をしていきたいと考えています。今の会社で、お子様向けに「しまじろうのコンサート」というイベントがあるのですが、将来的にはその海外事業にも関われたらと思っています。

そのために、今は英語以外の言語の勉強にもチャレンジしています!

人気のインタビュー