寝坊で逃したレギュラー入り。目標達成のために必要なこと。

寝坊で逃したレギュラー入り。目標達成のために必要なこと。

小林 優一さん (26歳) 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科

愛知県生まれ。慶應義塾大学看護医療学部卒業後、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍。専門は医療政策。5歳から継続している書道で、これまでに6度の日本一の賞を受賞。2015年4月には世界経済フォーラム(通称ダボス会議)のグローバル・シェーパーズに選出され、20代の日本代表として活動している。現在、慶應義塾大学博士課程教育 リーディングプログラム オールラウンド型リサーチアシスタントへ従事している。


僕は中学時代、野球部に入っていて、レギュラーを獲るために必死で練習に取り組んでいました。中学二年生の時、総合体育大会という大きな試合があり、そこで活躍すればレギュラーになれるというチャンスが訪れました。

レギュラーの座を勝ち取ろうと意気込んで当日を迎えたのですが、まさかの事態が起きました。かけたはずの目覚ましが鳴らず、起きた時には集合時間を二時間も過ぎていたんです。

急いで会場へ向かったのですが、監督から試合には出さないと言われてしまい、結局レギュラーになるチャンスを失うことになりました。

その時は本当にショックで、半年間近く引きずっていましたね。親にもあたりましたし、自分の代わりに試合に出場してレギュラーの座を勝ち取った友達の姿を見て、悔しい思いもしました。

しかし後から振り返ってみると、この経験は僕に大事なことを教えてくれました。それは「小さなことができない人間に大きなことができるはずがない」ということです。

目標達成のためには、小さなことから着実にこなしていく必要があると気付いたのです。それからは、どんな時でも絶対遅刻をすることはなくなりましたね。「今痛い思いをすれば、将来同じようなミスをすることはなくなる」という監督の言葉が今なら理解できます。

人気のインタビュー