• TOP
  • テーマ記事
  • 何も知らずに進学した経済学部、学部ミスマッチを避けるには

何も知らずに進学した経済学部、学部ミスマッチを避けるには

適当すぎた学部選び、きっかけは世界史の授業

僕の学部選びは非常に適当でした。最初は、親が法曹関係の仕事をしていた影響で、法学部を受けるつもりでした。しかし途中から国立合格の方が優先事項となり、志望学部に統一感はなくなりました。その一つに経済学部を含めたのは、世界史のテーマ史で扱った経済史が面白かったから。実に安直な理由でした。

経済学への評価が一変、思いがけない幸運

そんな理由で入学したので、授業はどれも退屈で、これは何の役に立つのだろう?といつも思っていました。しかし、三年生のある時、経済学への評価は一変しました。入門科目で学んだことが、どう応用できるのか知ったからです。素振りしかせずに、野球はつまらないと思っていたのだと痛感しました。

学部ミスマッチ回避には本屋の○○学コーナーへ行け

僕の場合、進学学部が偶然にも好みに合っていましたが、やはり可能な限り事前に見極めをすべきだったと思います。おすすめの方法は、大きな本屋(神保町三省堂書店、新宿紀伊国屋など)の○○学コーナーに行き、手当り次第ページを開いてみることです。中身が分からずとも、雰囲気を掴めるはずです。

 

人気のインタビュー