生徒会活動にかける思い。皆に参加してもらうために。

生徒会活動にかける思い。皆に参加してもらうために。

西野 偉彦さん (30歳) 公益財団法人松下政経塾

都立青山高校、明治学院大学法学部卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2010年4月、松下政経塾に入塾。専門は18歳選挙権、主権者教育。神奈川県立湘南台高校シチズンシップ教育アドバイザー等を経て、現職。その他、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、NPO法人Rights副代表理事、一般社団法人生徒会活動支援協会理事長。2016年5月、神奈川県教育委員会「小・中学校における政治的教養を育む教育」検討会議座長に就任。 http://takehikonishino.net/ 


「どうすれば、クラスや学校のみんながもっと生徒会活動に関心を持ってくれるのだろうか」ということに日々頭を悩ましていました。

中学の時にクラス担任と続けていた交換日記でよくその悩みを漏らしていたのですが、ある日、「もうあきらめそうです」と書いた際、「そういうことに関心を持っている人は少ないが、お前があきらめたら全てが終わる。だからあきらめずに悩み続けることが大切で、いつか自分なりの答えが出る日が来ると思う」という担任の言葉に救われたことを覚えています。

思えばこの悩みは、今の私の生き方にもつながるものでしたね。

人気のインタビュー