文化祭の劇。板ばさみを乗り越える大変さ。

文化祭の劇。板ばさみを乗り越える大変さ。

西野 偉彦さん (30歳) 公益財団法人松下政経塾

都立青山高校、明治学院大学法学部卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。2010年4月、松下政経塾に入塾。専門は18歳選挙権、主権者教育。神奈川県立湘南台高校シチズンシップ教育アドバイザー等を経て、現職。その他、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、NPO法人Rights副代表理事、一般社団法人生徒会活動支援協会理事長。2016年5月、神奈川県教育委員会「小・中学校における政治的教養を育む教育」検討会議座長に就任。 http://takehikonishino.net/ 


私の出身高校は文化祭が盛んで、一年生から三年生まで全クラスがミュージカル等の劇に取り組むことで有名です。

一つの劇をクラス全員で作り上げるということは大変で、意欲のない人がいたり、企画運営を巡って意見の衝突が起きたりする中で、学級委員として「自分はどうすればみんなをまとめることが出来るのか」と非常に悩みましたね。特に、皆の合意を図るなかで、「あっちを立てればこっちが立たず」という“板ばさみ状態”をよく経験しました。

これは「異なる利益をどう創造的に調停するのか」について考えるきっかけになりましたし、社会人になった今でも役に立つ出来事だったと思います。

人気のインタビュー