優等生の自分に嫌気がさしていた中高時代

優等生の自分に嫌気がさしていた中高時代

横尾 俊成さん (34歳) NPO法人グリーンバード。港区議会。

神奈川県立横須賀高校卒業後、早稲田大学人間科学部、早稲田大学大学院人間科学研究科卒。現在はNPO法人グリーンバードで代表を務めるとともに、港区議会議員として活動している。


私は中高生の頃、みんながカラオケやビリヤードなど遊んでいる中、図書館で勉強しているといったような典型的な優等生でした。けどそんな自分が嫌で仕方なかったんです。やりたいことが見つからず仕方なく勉強していて、自分を抑えている気がしていました。

このまま優等生として過ごして受験では東大を目指し、ゆくゆくは弁護士か官僚になるなんて耐えられないと思い、精一杯の抵抗で東大は受けずに反骨のイメージのある早稲田大学へ進学することにしました。

大学では、これまでの自分を変えたいと、髪を金髪にして遊びまくりました。一年間遊び尽くした結果、友達は出来ましたが遊んでばかりいてもつまらないことに気付いたのです。そこで海外に行けば面白い日々が過ごせるのではないかと思い、アメリカへの留学を決めたんです。

しかし海外に行っても遊んでばかりで日本とやっていることは変わりませんでした。環境のせいにしていましたが結局は自分の問題だったんですね。そんな留学中、アメリカ同時多発テロ事件9・11に遭遇したことをきっかけにその後の人生が大きく変わることになりました。

人気のインタビュー